EDジェネリック治療薬の個人輸入の注意点

個人輸入代行

ウェブサイト上では、多くの個人輸入代行業者が運営するEDジェネリック治療薬の販売サイトを目にします。

今まで個人輸入代行業者を利用したことがなく、また個人輸入代行に関する知識のない初心者の方は、そもそも海外から個人輸入代行業者を通じてEDジェネリック治療薬を購入すること自体が法律的に問題ないのか、気になりますよね?

ひたすら情報収集して信頼できる個人輸入代行サイトを見つけ、遂に本物のEDジェネリック治療薬を手に入れられたものの、その行為自体が法に触れていた・・・ということになってしまっては、元も子もありませんよね・・・。

この記事では、そんな初心者の方にもわかりやすく、厚生労働省のホームページに掲載されている情報から要点を抜粋しながら、個人輸入代行は法律的に問題無いのか、また注意点について解説します。

厚生労働省HP:医薬品等の個人輸入についてhttp://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/topics/tp010401-1.html

医薬品等輸入報告書(薬監証明)の発給を要せず個人輸入可能な医薬品等の数量について

個人が自分で使用するために輸入(いわゆる個人輸入)する場合(海外から持ち帰る場合を含む)には、原則として、地方厚生局(厚生労働省の地方支分部局)に必要書類を提出して、営業のための輸入でないことの証明を受ける必要があります。

以下の範囲内については特例的に、
税関の確認を受けたうえで輸入することができます。

この場合、輸入者自身が個人的に使用することが前提ですので、
例えば自身が輸入した、あるいは個人輸入代行サイトを通じて購入した医薬品等を、
ほかの人へ売ったり譲ったりすることは認められません。
もちろん、ほかの人の分をまとめて輸入・購入することも認められていません。

医薬品又は医薬部外品

  1. 外用剤(毒薬、劇薬及び処方箋薬を除く):標準サイズで1品目24個以内 
     * 外用剤とは・・・・・軟膏などの外皮用薬、点眼薬など
     * 処方箋薬とは・・・・・有効で安全な使用を図るため、医師による処方が必要とされる医薬品
  2. 毒薬、劇薬又は処方箋薬:用法用量からみて1ヶ月分以内
  3. 上記以外の医薬品・医薬部外品:用法用量からみて2ヶ月分以内

注意点

  1. 日本の医薬品医療機器等法では、養毛剤、浴用剤、ドリンク剤など、人体への作用が緩和なものについて、医薬部外品とみなされる場合もありますが、個人輸入に関しては医薬品と同様の取扱いとなります。
  2. 外国では食品(サプリメントを含む)として販売されている製品であっても、医薬品成分が含まれていたり、医薬品的な効能・効果が標ぼうされていたりするものは、日本では医薬品に該当する場合があります。

なお、医師の処方箋又は指示によらない個人の自己使用によって、
重大な健康被害の起きるおそれがある医薬品については、
数量に関係なく、医師からの処方箋等が確認できない限り、
一般の個人による輸入は認められません。
数量に関わらず厚生労働省の確認を必要とするものはこちら。


厚生労働省の規定にも定められている通り、
輸入者自身が個人的に使用することを前提としたうえで、
用法・用量からみて1ヶ月分以内であれば、合法的に安心して
EDジェネリック治療薬を個人輸入することができます。

個人輸入と税金

それでは、個人輸入で購入した場合、
税金はどのような形で発生し、どう支払うのでしょう?
免税範囲は、あるのでしょうか?

私たちが普段、国内での生活の上で買い物をすると消費税が加算されます。
日本では消費税以外にも、酒税、タバコ税などありますが、
海外から商品を輸入する際も、
実はいくつか税金が発生しています。

海外の商品を買った場合、その商品自体の代金のほかに、
その国での消費税、送料が必要になります。
この合計金額が課税対象金額とされるのですが、
課税対象金額の6割を計算して10,000円以下になる場合は
課税対象外なります。
要するに免税となり税金がかからないということです。

わかりやすく説明します。
結論から言いますと、
商品総額が16,666円未満の場合は免税となります。
関税、消費税は課税されません。

どいういうことかと言いますと、
商品総額16,666円 × 0.6(60%) = 9,999が課税対象額となり、
10,000円以下になります。
そのため総額が16,666円までは免税、というわけです。

しかし、課税対象になった場合は、
もちろん関税と消費税が必要になります。
さらにいうと革製品、酒類、タバコ類は
金額に関わらず課税対象に入っています。

個人輸入と税金について

では、この税金はどの時点で支払うのかと疑問が浮かびます。
通常は商品を受け取る際に配達業者から徴収されます。
配達員によっては税金と言わない人もいるようですが、
費用の明細に記載がされているはずなので確認してみて下さい。
ここは、一番むずかしい事ではありますが、
税金のことをあまり知らずに購入して、
あと1円少なければ免税の扱いになった、などという
残念な結果はできれば避けたいものです。
お得に海外通販を利用するためにも、
事前に税金や手数料なども調べておくとよいでしょう。

EDジェネリック治療薬についてもっと知りたい方は・・・

主要EDジェネリック治療薬の公式サイトについて

信頼のおける個人輸入代行業者の選択とともに重要なのは、
EDジェネリック治療薬に関する正しい知識です。
EDジェネリック治療薬の各商品の特性とともに、
服用方法・併用禁忌薬・副作用などについて
しっかりと把握しておかなければなりません。

主要EDジェネリック治療薬・カマグラゴールド・パラディグラ・メガリス・バリフ

下記に主要EDジェネリック治療薬の公式サイトを列記しておきます。
日本語の説明書がダウンロード可能ですので、
一度目を通しておくことをお勧めします。

漢方精力剤の紹介サイトについて

副作用が心配な方は、
主要成分が漢方薬、天然成分の、漢方精力剤もおすすめです。
こちらのサイトでは、
主要な漢方精力剤の服用方法・成分・効能・副作用などについて、
詳しく解説しています。
また、漢方精力剤の最新トレンドなどの、最新情報も随時更新しています。
こちらも、日本語の説明書がダウンロードできですので、ぜひ一度、ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました